宝塚 宙組 真風さんのソーラン節

壁の飾りをかえました。
宝塚歌劇 宙組「黒い瞳/VIVA! FESTA! in HAKATA」2019年2月2日-25日 博多座

 

宝塚の劇の多くは男女の恋愛が主題ですが、並列して男同士の友情をテーマに取り上げることが少なからずあります。「黒い瞳」もそうです。
ロシア軍将校の貴族ニコライ(真風涼帆)と反乱軍の首領プガチョフ(愛月ひかる)は敵として戦う立場ながら、互いに尊敬し合います。この男の友情劇が本当に泣かせるのです。院長も泣きました。予備ハンカチ持参してよかったです。特筆すべきは愛月さん気迫の演技です。アクの強い役はこの人の得意とするところ。愛月さんは本公演で宙組から異動されますが、次の専科でもさらに活躍されることでしょう。

政府軍とコサック軍のはざまで複雑な立場にある青年マクシームイチが男気を見せる、という難しい役を蒼羽りくさんが好演するのも注目で、劇を更に奥深いものにします。
そして期待のショーVIVA! FESTA! は2017年の再演(1)、以来ぜひもう一度観たかったのです。何といっても圧巻は中詰のソーラン節であります。トップ真風さん率いる宙組生が繰り出す「ソーラン宙組」の掛け声がものすごいグルーヴを生みます。ジェンヌさんたちの客席降りの際は地鳴りのような熱狂で劇場全体が呑み込まれるのです。これを体感できただけでも博多まで来てよかったです。

機会がございましたら、ぜひすばらしい宙組の舞台をご観劇ください(2)

 (前回の宙組記事 WEST SIDE STORYこちら)

まだ厳しい寒さが続きます。皆様くれぐれもお身体にお気を付けください。 (院長)

 

(1)VIVA!FESTA!は2017年宝塚大劇場版(宙組トップ朝夏まなとさん)のDVDが出ています、ぜひご覧ください。
(2)宙組次回作は宝塚大劇場「オーシャンズ11」2019年4月19日~こちらも楽しみです。

 

←前の記事「日本のR&B ドリフのズンドコ節」次の記事「幸福の木ドラセナに花が咲きました」→最新ブログ記事→

クリニックからのお知らせ

2019年度 インフルエンザ予防接種の予約について

2019年度小児分の受付は終了しました。

13歳以上の未成年、成人は通常診察時間内に随時接種します。予約は不要です。 (2019.10.19)

予診票ダウンロード用
ダウンロードしてお使いください。住所・名前等入力できます。
インフルワクチン予診票 2019年度.pdf
PDFファイル 245.6 KB