その頃 地球の裏側では?ジリオラ・チンクエッティ

ジリオラ・チンクエッティ「夢みる想い」原題"Non ho l'età" 1964年

さてレスリー・ゴーア(⇒ブログ)がアメリカンポップス最後の華を咲かせ、ビートルズはじめ英国音楽がアメリカに進出したころ、地球の裏側ヨーロッパはではこんな曲が流行していたのです。

イタリアにサンレモ音楽祭という歌謡祭があり、1964年の優勝曲です。
ジリオラ・チンクエッティはこの時まだ16歳。しかるに堂々たるカンツォーネ歌唱です。さすがオペラの国イタリア!優雅なメロディにラテン語圏のエキゾチックな響き。英米ポップスと異なる別世界がありました。
当時は情報伝達が遅かったので、まるで離れた土地で別文明が発展したように、音楽の流行は世界中で多種多様であったのでしょう。それが各国の音楽の個性につながっていたわけで興味深いです。なお、なぜか60年代日本ではカンツォーネ・ブームがあり、この歌は大人気だったそうです。日本における洋楽の歴史は英米だけでない事を伺わせます。(院長)

 

←前の記事「ランの花が咲きました」「若き日の東海林太郎」次の記事→最新ブログ記事へ→

クリニックからのお知らせ

クリニックブログ

宝塚花組 はいからさんが通る(2020.4.8)

春なのに (2020.3.18)

ジュリーの美学 (2020.3.4)

宝塚星組「眩耀の谷/ RAY」 (2020.2.12)