2019年

4月

10日

アメリカの青春時代 アメリカン・グラフィティ

アメリカン・グラフィティ 1973年 監督ジョージ・ルーカス
ドゥーワップの話をしてこのアルバムを取り上げないわけにはいきません。
映画の舞台は1962年カリフォルニア州の田舎町。アメリカが最も輝いた時代が終わる頃を描きました。誰しも青春時代は必ず終わり、いつかは大人にならなければいけない。それゆえ最も輝く時代は短く美しい。そして人間と同じく、社会や文化も時代によって変わる運命にある。そんな示唆が伝わってくる話なのです。
サウンドトラック・アルバムは1962年時点で流行していた41曲からなります。いわゆるオールディーズの曲です。この映画ですね曲があまりにもピッタリ合っているのです。もうね、曲名を見ているだけで映画のシーンが目に浮かんで泣けてきます(1)。なお前回の「ランナウェイ」と同名の有名曲が3曲目(2)に入っています。ドゥーワップの名曲もたくさんあります。院長はSixteen Candles / The CrestsやGoodnight, Well It's Time To Go / The Spaniels が好きです。その他にもロックンロール、リズム&ブルース、そして当時新興であったサーフィンサウンドも、名曲が勢揃いです。
今もDVD、CDが発売されていますので、ぜひ映画と音楽をお楽しみください。(院長)

 

(1)院長はこの映画100回以上見ました。ビデオで、しかもβとVHSで。曲順も全部暗記してました、一時はウルフマンジャックの英語DJの台詞まで覚えていましたよ。

(2)Del Shannon の Runaway  邦題「悲しき街角」。これはドゥーワップではなくロックンロールです。なお、シャネルズのランナウェイの題名はこの曲からとったと作者が語っているそうです。

 

←前の記事「日本のドゥーワップ ランナウェイ」次の記事「宝塚宙組のオーシャンズ11」→最新ブログ記事→

2019年

3月

27日

日本のドゥーワップ ランナウェイ

壁の飾りをかえました。日本のリズム&ブルースを語るうえで重要な曲です。
シャネルズ(1)「ランナウェイ」昭和55年 作詞 湯川れい子、作曲 井上忠夫
ものすごく流行りました、100万枚売れたそうです。元々パイオニアのラジカセ「ランナウェイ」のCMソングとして作られたそうです(2)
湯川・井上両氏が、1960年前後のドゥーワップ・サウンド(3)を日本オリジナルで完全再現しました。シャネルズのコーラスメンバーは顔を黒塗りして注目されました。しかしながら演奏と歌唱を聴けば、それが単なる話題集めだけでなく、彼らの黒人音楽に対する憧憬と尊敬の発露であることが痛いほど伝わってきます。
日本のリズム&ブルースを3曲検証しましたが、ドリフのズンドコ節(1968)は60年代後半ソウル・サウンドながら原曲は「海軍小唄」でヨナ抜き音階(4)です。キングトーンズ(1968)はドゥーワップを意識しつつもプラターズのように甘いメロディーとして一般受けするようアレンジしています。いずれも当時の日本人に受け入れられるためには多少の手加減が必要だったのです。しかるにランナウェイ(1980)には楽曲も演奏者も一切の譲歩がありません。この12年間、日本人は音楽を作る側だけでなく聴き手側も洋楽を自分のものとして消化したわけです。100万枚売れたことがその証拠であります。日本に洋楽が浸透する過程を伺い知ることのできる貴重な資料です。  (院長)

 

(1)現在の「ラッツ・アンド・スター」です。
(2)そういえばそんなCMありました!大型ラジカセも当時流行っていました。
(3)1950年代から60年代前半頃に流行した黒人音楽リズム&ブルース合唱のスタイルで、リードボーカルに対しコーラスで「ドゥーワッ」「シュビドゥビ」「ドゥビドゥワ」などのスキャットをつけることが特徴。 ウィキペディア日本「ドゥーワップ」から引用・要約。
(4)日本風の音階で西洋音階の四度(ファ)と七度(シ)を抜くのでこう呼ばれる。民謡・演歌・唱歌で多用される。独特の哀調をもち日本人の情緒に訴えるメロディーになる。

 

←前の記事「日本のR&Bグッドナイトベイビー」|次の記事「アメリカの青春時代 アメリカン・グラフィティ」→最新ブログ記事→

2019年

3月

13日

日本のR&B グッドナイトベイビー

壁の飾りをかえました。
ザ・キング・トーンズ「グッド・ナイト・ベイビー」昭和43年
作詞 ひろ・まなみ・作曲 むつ・ひろし
発売から1年かけてじわじわと人気が高まり、昭和44年3月にオリコン2位、昭和44年第20回紅白に出場しました。米国でもビルボードR&B部門48位にチャートイン。
日本ポリドール・レコードのリズム&ブルース好きの社員であった松村孝司さんが、当時としては本格的な(歌謡曲風でない)R&B曲を書いたそうです。作曲者に社員の名を出すのはマズかろうというので、ペンネームにしたそうです。
 同じR&Bといってもドリフのズンドコ節は60年代後半の音ですが、それに比べキングトーンズはちょっと前の50年代~62年頃の「ドゥーワップ」を意識した楽曲です。プラターズのような甘い印象の曲ですね。
リードボーカル内田正人さんのハイテナーボイスが美しい。とくにファルセット(裏声)が切ない表情で哀愁を感じますね。そんな内田さんですが先日2019年2月25日にお亡くなりになりました。日本リズム&ブルース界の偉大な功労者のご冥福をお祈りします。(院長)

 

←前の記事「幸福の木ドラセナに花が咲きました」次の記事「日本のドゥーワップ ランナウェイ」→最新ブログ記事→

2019年

2月

27日

幸福の木ドラセナに花が咲きました

また幸福の木ドラセナに花が咲きました。この木は ドラセナ・フラグランス・マッサンゲアナと云うそうです。2013年開院のお祝いにいただきました。2016年に一度花をつけました(当時のブログこちら)、その時も2月でした。今回は3年ぶりです。調べてみると数年に1回開花するらしく珍しいことのようですね。6時頃日没になると白い小さな花がたくさん開き、ユリのような香りが部屋いっぱいに拡がります。朝になると閉じています。   (院長)

 

←前の記事「宝塚 宙組 真風さんのソーラン節」次の記事「日本のR&B グッドナイトベイビー」→最新ブログ記事→

2019年

2月

13日

宝塚 宙組 真風さんのソーラン節

壁の飾りをかえました。
宝塚歌劇 宙組「黒い瞳/VIVA! FESTA! in HAKATA」2019年2月2日-25日 博多座

 

宝塚の劇の多くは男女の恋愛が主題ですが、並列して男同士の友情をテーマに取り上げることが少なからずあります。「黒い瞳」もそうです。
ロシア軍将校の貴族ニコライ(真風涼帆)と反乱軍の首領プガチョフ(愛月ひかる)は敵として戦う立場ながら、互いに尊敬し合います。この男の友情劇が本当に泣かせるのです。院長も泣きました。予備ハンカチ持参してよかったです。特筆すべきは愛月さん気迫の演技です。アクの強い役はこの人の得意とするところ。愛月さんは本公演で宙組から異動されますが、次の専科でもさらに活躍されることでしょう。

政府軍とコサック軍のはざまで複雑な立場にある青年マクシームイチが男気を見せる、という難しい役を蒼羽りくさんが好演するのも注目で、劇を更に奥深いものにします。
そして期待のショーVIVA! FESTA! は2017年の再演(1)、以来ぜひもう一度観たかったのです。何といっても圧巻は中詰のソーラン節であります。トップ真風さん率いる宙組生が繰り出す「ソーラン宙組」の掛け声がものすごいグルーヴを生みます。ジェンヌさんたちの客席降りの際は地鳴りのような熱狂で劇場全体が呑み込まれるのです。これを体感できただけでも博多まで来てよかったです。

機会がございましたら、ぜひすばらしい宙組の舞台をご観劇ください(2)

 (前回の宙組記事 WEST SIDE STORYこちら)

まだ厳しい寒さが続きます。皆様くれぐれもお身体にお気を付けください。 (院長)

 

(1)VIVA!FESTA!は2017年宝塚大劇場版(宙組トップ朝夏まなとさん)のDVDが出ています、ぜひご覧ください。
(2)宙組次回作は宝塚大劇場「オーシャンズ11」2019年4月19日~こちらも楽しみです。

 

←前の記事「日本のR&B ドリフのズンドコ節」次の記事「幸福の木ドラセナに花が咲きました」→最新ブログ記事→

2019年

1月

22日

日本のR&B ドリフのズンドコ節

壁の飾りをかえました
ザ・ドリフターズ「ズンドコ節」昭和44年 作詞・作曲:不詳
誰もが聞いたことのあるメロディ、コミックソングと侮ってはいけません。日本を代表するリズム&ブルース(R&B)の名曲なのです。ぜひ一度歌だけでなく演奏もお聴きください。
イントロから物凄い音圧で攻めてきます。そしてズンズンズンズン・ズンズンドコと中毒性のあるリズムで突っ走るグルーヴが耳から離れません。
ベースは江藤勲さん、ドラムは石川晶さん、ともに昭和歌謡の大御所スタジオミュージシャンですね。間奏では加トちゃんのスキャットも決まっています。
見た目もR&Bです。ドリフのメンバーはスーツ姿、マイク前に整列して振りをつけながら歌うのです。その姿はテンプテーションズかフォートップスかというくらいに、まさにR&Bグループなのです。    (院長)

 

←前の記事「ふりむかないで」次の記事「宝塚宙組 真風さんのソーラン節」→最新ブログ記事→

2019年

1月

09日

ふりむかないで

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 

壁の飾りをかえました。
ハニーナイツ「ふりむかないで」昭和45年、作詞:池田友彦、作曲:小林亜星
日本全国の街を歌うご当地ソングといえばこれも流行りました。エメロンリンスのTVコマーシャルです。全国各地で女性に後ろから声を掛け、ふりむいてもらうという、あのCMです。懐かしいですね。
歌うハニーナイツはコーラスグループで、ドラマ・アニメ・CMなどの仕事を中心にスタジオミュージシャン活動が多かったようです。素晴らしいハーモニーに聴き入ってしまします。「妖怪人間ベム」「サスケ」のコーラス、といえば思い出される方も多いでしょう。

 

インフルエンザ感染症が流行しております。皆様、くれぐれも御身体にお気をつけください。 (院長)

 

←前の記事「港町ブルース」|次の記事「日本のR&B ドリフのズンドコ節」→最新ブログ記事→

 

クリニックからのお知らせ

2016年7月から水曜日は午前・午後とも休診しております

 

特定健診・がん検診予約

2019年4月から特定健診・各種がん検診(肺・大腸・前立腺)・肝炎検診を受付しています。詳細はお問い合わせください。